ダイソー&セリアのヨガマット!100均とは思えない優秀な使い心地を紹介!


コロナ禍で運動不足であったり、健康が気になる時ありますよね。

そんな時オンラインや自宅でもできる運動が、ヨガティラピスだと思います。

いざヨガを始めようとすると、ヨガマットが必要です。

ですがスポーツショップ等で買うと、少々高いですよね。

しかし100均で、ヨガマットが売られてます。

そこで100均のヨガマットについて、見ていきたいと思います。

 

ヨガマットの平均価格

ヨガマットはスポーツショップを始め、ニトリしまむらでも売られてます。

しまむらのヨガマットは、1,000円以下で買えます。

それに色やデザインが、豊富です。

ニトリは厚さが、4mmから10mmまであります。

その他劣化しにくい素材で、作られているのがポイントですね。

値段は、厚さによって変わります。

税込みで799円から、1,290円となっております。

 

ヨガマットのメリット

ヨガというと、いろんな態勢をするイメージがあります。

自宅でやるなら、バスタオル等をひいてやればと思うかもしれません。

しかしヨガマットが、必要な理由があります。

例えばフローリングのような場所で、ヨガをやったとします。

膝をつくポ-ズをしたりします。

すると直に膝をつくと、痛くなります。

ですがヨガマットの素材には、天然ゴムやポリ塩化ビニールが入ってます。

そのためヨガマットを使用すると、痛みを感じることなくできます。

ですからストレスを感じず、ヨガができると思います。

 

ダイソーのヨガマットの特徴

ここからは100均のヨガマットについて、説明していきたいと思います。

ダイソーヨガマットは、塩化ビニル樹脂や合成ゴム等の素材で作られてます。

そのため、クッション性があります。

・厚さ 厚さは、2mmと6mmの2種類あります。

・カラー 色はヴァリエーションが多く4色です。

・値段 厚さ2mmは400円。

6mmは、600円となっています。

600円の方のヨガマットは、ヨガスクールで使われているのと同じ大きさ。

だからヨガのポーズが取りやすいと思います。

 

折り畳みヨガマット

質感は、 塩化ビニル樹脂です。

・厚さ 0.4cm

・カラー パープル、ピンク

・値段 550円

大きさが、173cm×61cmあります。

女性だけでなく、男性でも十分使える大きさです。

持ち運ばず、自宅でヨガをするときに最適だと思います。

畳んで収納するとき、少しかさばるのが難点です。

ダイソーのヨガマットは、他店より大きさが少々小さく薄い感じです。

本来なら、マイナスと思いますよね?

それが逆で、軽くて持ち運びしやすいのです。

そのため女性でも、1人で持ち運べると思います。

なので自宅だけでなく、公園など1人でヨガをやる場合もあり得ます。

そんな時に、持ち運びが便利です。

余談ですが初心者のための、ヨガの本が税別100円で売ってます。

 

セリアのヨガマットとグッズ

便利ベルト

ヨガをし終えると、ヨガマットをクルクル巻いてバンドで留めます。

そして収納します。

そのバンドが、セリアのトラベル用品コーナーにあります。

このバンド、ヨガマットを留めるのにちょうどよいそうです。

色やデザインは、いくつか種類があります。

選ぶ楽しみも、ありそうですね。

 

クッションジョイントマット

・厚み

8mm

・カラー

ホワイト、グレー、ブラック、ベージュ、ブラウン

・値段

100円

2枚で1組となってます。

特徴として、クッション性や保温性があります。

床のような固いところで直に腹筋をすると、腰が痛くなりますよね。

しかしクッションジョイントマットの上だと、痛くなりません。

身体に優しいマットだと思います。

ただ1つ注意点があります。

それは床の質感により、滑りやすくなる場合があります。

そういう時は、滑り止め等を施しましょう。

 

ウエストラップバンド

ウエストに巻いて使います。

ヨガはもちろん、ダイエットや筋トレにも適用します。

1回の使用時間は、30分です。

それ以上は、使わないよう気をつけて下さいね。

色はパープルの1色。

何度も洗って、使えます。

だからコスパ的にも、良好だと思います。

 

まとめ

今回はダイソーそしてセリアにあるヨガマットについて、説明させてもらいました。

通常でヨガマットを買うと、値段の上限の幅が広いことに驚いた次第です。

ヨガマット、お店により個性があると感じました。

ダイソーのヨガマットは、クッション性があり色が豊富。

セリアは保温性があり、身体が痛くならない素材を使ってます。

それぞれ自分がヨガをする時、あうものを選びましょう。

そしてヨガライフを、満喫して下さい。